EC通販で休眠顧客を掘り起こすための手紙の例文を紹介!

EC通販の売上を伸ばしたい、ただ何をすべきかわからない」という悩みをお持ちの方は
多いのではないでしょうか。
新規顧客の獲得が困難になった昨今では、
売上アップの鍵は既存顧客や休眠顧客へのアプローチにあります。
休眠顧客の掘り起こしにはさまざまな方法があり、特に有効な方法として手紙の活用が挙げられます。
この記事では、EC通販で休眠顧客を掘り起こす手紙の活用について例文を交えて解説します。
 

EC通販で休眠顧客の掘り起こしに手紙が有効な理由

通販はもちろん、他のあらゆるビジネスにおいても休眠顧客の掘り起こしは
売上アップにつながる重要な取り組みです。
休眠顧客を掘り起こす方法はいくつかあり、特に有効な方法として手紙の送付が挙げられます。

EC通販で休眠顧客の掘り起こしに手紙が有効な理由を2つご紹介します。
  1. 費用対効果が高い
  2. 感情に響かせやすい

1.費用対効果が高い

EC通販で休眠顧客の掘り起こしに手紙が有効な理由の1つ目は、「費用対効果が高いこと」です。
そもそも、休眠顧客はかつて商品を買ってくれていた顧客であるため、
商品への関心を持ち合わせています。
そのため、新たに顧客を獲得するよりも少ない労力でアプローチが可能です。
手紙の送付はメールと比較すると、多少時間がかかってしまいます。
ただ、一通あたりの反響率はメールよりも手紙の方が高いとされていることもあり、
場合によっては手紙の方が有効です。
 

2.感情に響かせやすい

EC通販で休眠顧客の掘り起こしに手紙が有効な理由の2つ目は、
感情に響かせやすいこと」です。
顧客獲得の競争は激化しています。
顧客にアプローチするにしても効率が重要視されていることもあり、
どうしてもメールなどの無機質な方法が選ばれています。
ただ、手紙には人間らしさを感じさせやすい強みがあります。
効率が重要視されているからこそ、手紙の温かさは際立ち、受け手の感情に響かせやすい手段です。
 

EC通販で休眠顧客へ送る手紙の例文

EC通販で休眠顧客へ送る手紙の例文をご紹介します。


ご愛好〇年記念キャンペーンのお知らせ!
いつも△△をご愛好いただき誠にありがとうございます。

◇◇様に△△をご使用いただき、〇年が経ちました。

弊社では△△をご購入いただいてから〇年か経過したお客様に、
「ご愛好〇年記念キャンペーン」と題し感謝の気持ちをこめて、
▢▢%割引のご案内を差し上げております。

この機会に、日頃がんばっている自分への労いもかねて△△をご使用してみてはいかがでしょうか。

もし、髪のダメージを感じられていましたら△△がお力添えできるかもしれません。

△△をお使いになっていない期間がしばらく空いていても、
再びご使用いただければすぐに効果を実感いただけます。

もし◇◇様が髪のダメージにお悩みでしたら、弊社の△△をお選びいただければ幸いです。

株式会社~~
 

EC通販で休眠顧客へ送る手紙の例文で重要なポイント5つ

EC通販で休眠顧客へ送る手紙の例文で重要なポイントを5つご紹介します。
  1. キャッチーなタイトルを付ける
  2. すぐに内容を理解できる構成を作る
  3. ベネフィットをアピールする
  4. アクションを取りやすい姿勢を出す
  5. 感情に呼び掛ける

1.キャッチーなタイトルを付ける

EC通販で休眠顧客へ送る手紙の例文で重要なポイントの1つ目は、
キャッチーなタイトルを付けること」です。
手紙を手に取った際に、すぐに関心を引くタイトルでなければお客様は内容を見てくれません。
キャンペーン情報や割引率など、手紙を読みたくなるキャッチーなタイトルを付けましょう。
 

2.すぐに内容を理解できる構成を作る

EC通販で休眠顧客へ送る手紙の例文で重要なポイントの2つ目は、
すぐに内容を理解できる構成を作ること」です。
冒頭の挨拶も重要ですが、すぐに本題に移らなければ手紙を読む気が失せてしまいます。
また、文章の構成も重要です。
情報が散らばっていたり、支離滅裂な内容だったりすると、一読で内容を理解できませんし、
ブランドや企業への信頼も失ってしまいます。
読み手にストレスを与えない、わかりやすい構成作りを心掛けましょう。

3.ベネフィットをアピールする

EC通販で休眠顧客へ送る手紙の例文で重要なポイントの3つ目は、
ベネフィットをアピールすること」です。
ベネフィットは企業がアピールしたい点であり、お客様が注目する点でもあります。
ベネフィットとは、商品から得られる効果や利益を意味するマーケティング用語です。
商品の成分や特徴はあくまでもメリットであり、ベネフィットではありません。
商品を使ったら、具体的にどのような喜びを感じられるのかをアピールしましょう。
 

4.アクションを取りやすい姿勢を出す

EC通販で休眠顧客へ送る手紙の例文で重要なポイントの4つ目は、
アクションを取りやすい姿勢を出すこと」です。
商品の使用から期間が空いていたり、他の商品を使っていたりすると、
お客様は再び同じ商品を使用するのに抵抗を感じている場合があります。
割引情報や、使用していない期間が空いていても問題がないことのアピールが重要です。
また、連絡先をわかりやすく明記し、すぐにアクションに移れる導線の設計を意識しましょう。
 

5.感情に呼び掛ける

EC通販で休眠顧客へ送る手紙の例文で重要なポイントの5つ目は、「感情に呼び掛けること」です。
手紙は手で触れて目を通せるので、メールよりも温かみを感じられます。
また、顧客が以前商品を購入してくれていたことへの感謝や、顧客が抱えているだろう悩みに寄り添う一文を加えるなど、感情に呼び掛ける文章を意識しましょう。
 

EC通販で休眠顧客に送る手紙は例文どおりが最適とは限らない

EC通販で休眠顧客に手紙を送る際、必ずしも例文どおりに作ることが最適とは限りません
たしかに、例文どおりに手紙を書けば失敗することはありませんが、
一手間を加えることでより効果的に仕上がります。
EC通販で休眠顧客に送る手紙を作る際にこだわるべきポイントを2つご紹介します。
  1. 季節イベントを意識する
  2. 手書きならペン選びにこだわる

1.季節・イベントを意識する

EC通販で休眠顧客に送る手紙を作る際にこだわるべきポイントの1つ目は、
季節・イベントを意識すること」です。
手紙の冒頭で季節やイベントを意識した一文を加えることで、手紙にいっそう温かみが生まれます。
夏に送る手紙なら暑さによる体調の変化を気遣ったり、
冬なら1年間の感謝を伝えたりするなどが効果的です。
また、商品が季節やイベントに関連付けられるなら、
その季節ならではの一文を加えるといっそうお客様に寄り添った手紙に仕上がります。
 

2.手書きならペン選びにこだわる

EC通販で休眠顧客に送る手紙を作る際にこだわるべきポイントの2つ目は、
手書きならペン選びにこだわること」です。
手紙なら手書きで文章を書いて届けられます。
ボールペンや油性ペン、万年筆、筆ペンなど、どんなペンで書くかでも手紙の雰囲気は異なります。
文字を美しく見せたいなら万年筆、感情を込めた文章を書きたいなら筆ペンなど、
商品の雰囲気も考慮してペンを選ぶといいでしょう。
ただ、手書きは一枚ずつ書かなければいけないので手間がかかります。
時間やコストを考慮して検討しましょう。
 

まとめ:EC通販で休眠顧客を手紙で掘り起こしたいなら例文を参考に!

今回は、「EC通販における休眠顧客を手紙で掘り起こす方法」について例文を交えて解説しました。
メールなどにはない温かみが手紙にはあります。
手紙を上手に活用すれば、休眠顧客の掘り起こしに成功する確率は高まるでしょう。
これをきっかけに、手紙を活用し休眠顧客の掘り起こしに取り組んでみてはいかがでしょうか。
 
  • SOLUTIONS
  • ACQUISITION
  • OWNED MEDIA
  • RETENTION
  • SUGGESTION
  • OUTLINE
  • RECRUIT
  • CONTACT