新聞広告は通販でも使える?効果を高めるコツを紹介!

web広告に注目が集まる昨今ですが、
いまだに新聞広告は通販の新規獲得媒体として活用され続けています。
なぜ、通販の集客手段として新聞広告が選ばれているのでしょうか。
この記事では、
  • 通販で新聞広告に効果を期待できる理由
  • 通販に使える新聞広告のジャンル別の効果
  • 通販で新聞広告の効果を高めるコツ
を中心に解説します。
 

新聞広告は通販でも使える?

新聞広告は通販でも使えます。
むしろ、新聞広告ならではの強みが再評価されているため、
通販の新規獲得媒体として活用され続けています。

実際のところ、新聞発行部数は減少の一途をたどっています。
ただし、信頼性の高いマスメディアの一つとして一定の部数が担保できる新聞広告を有効に活用すれば、まだまだ通販の売上伸長を期待できます。
 

通販で新聞広告に効果を期待できる理由6つ

通販で新聞広告に効果を期待できる理由を6つご紹介します。
  1. 信頼性が高い
  2. エリアと時期を指定できる
  3. 瞬間的にマスに告知できる
  4. 中高年層にアプローチできる
  5. 手元に残る

1.信頼性が高い

通販で新聞広告に効果を期待できる理由の1つ目は、信頼性が高いことです。
新聞広告を出稿するには、新聞社や広告審査協会の審査をクリアする必要があります。
そのため、ある程度の信頼性を評価された広告のみが新聞に記載されます。
また、昨今はネット記事やSNSで信憑性の低い情報が発信されていることに懐疑的な人も多いので、
新聞広告の信頼性の高さが評価されています。
 

2.エリアと時期を指定できる

通販で新聞広告に効果を期待できる理由の2つ目は、エリアと時期を指定できることです。
全国に届けられる新聞もあれば、特定のエリアにのみ届けられる新聞もあります。
広告の内容によっては、わざわざ全国に発信する必要がなく、
エリア限定で集客したい場合もあるでしょう。
また掲載日も指定できるので、出稿主の要望に沿った日程に広告を打ち出せます。
新聞広告なら、適切なタイミングで狙ったエリアのターゲットに、
ピンポイントで情報を発信できます。
 

3.瞬間的にマスに告知できる

通販で新聞広告に効果を期待できる理由の3つ目は、瞬間的にマスに告知できることです。
発行部数が減少傾向にあるとはいえ、全国紙であれば800万部の部数を有するものもあります。
1日だけの掲載でも確実に800万人という膨大な人数に対して告知できるので瞬発力は絶大です。
新聞やTVが未だに選ばれる大きな理由のひとつです。

4.中高年層にアプローチできる

通販で新聞広告に効果を期待できる理由の4つ目は、中高年層にアプローチできることです。
新聞の発行部数が減少傾向にある昨今ですが、中高年層の80%は新聞を購読しているとされています。
中高年層へのアピールには新聞広告はとても適しています。
 

5.手元に残る

通販で新聞広告に効果を期待できる理由の5つ目は、手元に残ることです。
周知のように、インターネット広告は見た後に手元に残りません。
それどころか、一度ページを変えると再び見られない場合もあります。
新聞広告なら新聞紙として手元に残りますし、回読も期待できます。

通販で新聞広告の効果を高めるコツ

通販で新聞広告の効果を高めるコツを2つご紹介します。
  1. web広告とのシナジーを活かす
  2. テレビCMとのシナジーを活かす

1.web広告とのシナジーを活かす

通販で新聞広告の効果を高めるコツの1つ目は、web広告とのシナジーを活かすことです。
多くの人に情報を発信できるweb広告ですが、いくつかの課題を抱えているのも事実です。
たとえば、web広告はあらゆる企業が多数出稿しているため、
読者の関心を引き出すのは難しくなっています。
また、インターネットでの詐欺やデマ情報の発信などが横行しているため、
健全なweb広告でも疑心的に見られてしまう場合があります。

新聞広告をweb広告と合わせて活用すると、
web広告だけではアプローチできない中高年層にまで情報を届けられます。
また、出稿している企業数が少ないので、webの競争から外れた土俵で勝負できるでしょう。
web広告と新聞広告の両方を読者が見た場合は、新聞広告ならではの信頼性の高さが影響し、
より広告に信頼感を持ってもらえます。

 

2.テレビCMとのシナジーを活かす

通販で新聞広告の効果を高めるコツの2つ目は、テレビCMとのシナジーを活かすことです。
テレビCMと新聞広告のシナジーは強力です。
というのも、テレビCMはキャッチーに情報を発信できるのに対し、
新聞広告では詳細な情報を届けられるからです。
テレビCMで認知拡大や印象のアップを図り、
新聞広告で具体的なメリットや商品詳細情報を伝えると効果的です。
ただ、それぞれの広告が共通していることを理解してもらえないとシナジーが発揮されません。
キャッチコピーや画像、タレントなどを駆使して、一目で同じ広告だと判断できるようにしましょう。
 

新聞広告活用時の注意点

新聞広告活用時の注意点は、細かいターゲティングには向いていないことです。
新聞の読者は中高年層が多いため、高年齢のターゲティングはある程度可能です。
また、特定のエリアにしぼって広告を届けられるので、エリアのターゲティングには秀でています。
ただ、趣味趣向やライフスタイルを考慮したターゲティングには向いていません。

web広告なら、個人のアクセス履歴などを活用することで、
対象の人が欲しがるような商品の情報を届けられます。
一方、新聞広告は新聞の種類・エリアでしかターゲットをしぼりこめないので、
どうしてもターゲティングは大まかになってしまいます。
そのため、新聞広告の効果が最大限発揮されるのは、中高年層向けの商品や、
特定の地域の人に利用してもらいたいサービスの情報発信に限られます。
 

まとめ:新聞広告の効果を活かして通販の売上アップ

今回は通販における新聞広告の効果やコツについて解説しました。
新聞広告は以前から活用されている広告の種類ですが、
インターネットが普及した現代では、また新たな価値が生まれています。
web広告が主流の現代だからこそ、新聞広告を活用してみてはいかがでしょうか。
 
  • SOLUTIONS
  • ACQUISITION
  • OWNED MEDIA
  • RETENTION
  • SUGGESTION
  • OUTLINE
  • RECRUIT
  • CONTACT