紙媒体のメリットを6つ紹介!通販の紙媒体活用のコツは?

web媒体がますます重視されるようになった昨今、紙媒体の注目度は下がりつつあります。
だからといって、紙媒体がweb媒体に劣っているわけではありません。
web媒体にはweb媒体ならではのメリットが、紙媒体には紙媒体ならではのメリットがあります。
ポイントは、web媒体と紙媒体を的確に使い分けることです。

通販では紙媒体が活躍するパターンがよくあります。
紙媒体のメリットをしっかりと理解して有効に活用しましょう。
この記事では、
  • 通販における紙媒体とは
  • 通販における紙媒体のメリット
  • 通販における紙媒体のデメリット
  • 通販で紙媒体を活かすコツ
  • 紙媒体の今後
  • 紙媒体の注意点
について解説します。
ぜひ参考にしてください。

通販における紙媒体とは

通販は特に紙媒体が有効なジャンルです。
web媒体や電子公告などの認知が広まった昨今でも、カタログやチラシなどの紙媒体は顕在です。
ただ、web媒体には紙媒体にはないメリットがたくさんあるのも事実です。
それにもかかわらず、なぜ通販では紙媒体が活用されつづけているのでしょうか。
電子書籍が普及した現代でも紙の本を買う人が多かったり、大切な書類は紙で保管したい人がいたりするように、紙には紙ならではの特徴があります。

通販における紙媒体のメリット6つ

紙媒体のメリットは、意識しないと気が付かないものがたくさんあります。
そういった紙媒体のメリットは、特に通販で真価を発揮します。
ここでは、通販において特に有意義な紙媒体のメリット6つを解説します。
  1. 信頼性が高い
  2. 誰にでもアプローチできる
  3. 視認性が高い
  4. 記憶に残りやすい
  5. 手で触れられる
  6. 物理的に残る

1.信頼性が高い

通販における紙媒体のメリット1つ目は、信頼性が高いことです。
紙媒体の信頼性が高い理由はさまざまです。
データではなく物理的に紙として存在していることに信頼感を覚える人もいます。
また、web媒体で詐欺が横行しているイメージを持つ人も多いため、紙媒体なら安心できるという方も多いでしょう。
加えて、紙媒体は後から修正できないことも信頼感につながっています。
web媒体ならば、発信者が後から都合の良いように内容を変更できますが、紙媒体ではできません。
そもそも、年齢層が高い方にとっては紙媒体の方が馴染みが強いため信頼しやすい側面もあります。
 

2.誰にでもアプローチできる

通販における紙媒体のメリット2つ目は、誰にでもアプローチできることです。
紙媒体ではなくweb媒体でも、あらゆる人にアプローチできます。
ただ、そもそもパソコンやスマホなどのwebにつながる機械を持っていない方には情報を届けられません。
また、webの環境を整えている人でも、頻繁にインターネットを活用していなかったり、使いこなせていなかったりします。
一方で紙媒体なら、紙を届けたり視界に入る場所に設置したりすれば誰にでもアプローチが可能です。
通販に関心を持つすべての層へ、的確に歩み寄れます。
 

3.視認性が高い

通販における紙媒体のメリット3つ目は、視認性が高いことです。
紙媒体は視界に入れば確実に視認できます。
webメディアの場合、サイトの読み込みに時間がかかることがあれば、どこにどの情報が載っているか認識しにくいこともあります。
通販のカタログでは、パラパラとめくりながら眺めることも可能です。
 

4.記憶に残りやすい

通販における紙媒体のメリット4つ目は、記憶に残りやすいことです。
手で紙を持ちながら文字を追う紙媒体は、読み手の記憶に残りやすい性質を持ちます。
紙のサイズを感じながら手で持ったり、気になった箇所を指でなぞりながら読んだりする動作のそれぞれが記憶にアプローチするからです。
通販においては、記憶に残りやすいとその分アクションを起こしてくれる確率も高まります。
 

5.手で触れられる

通販における紙媒体のメリット5つ目は、手で触れられることです。
一口に紙といっても、その種類はさまざまです。
光沢のある紙もあれば、ザラザラとした紙もあるでしょう。
そういった触覚の印象を与えられることは紙媒体ならではのメリットです。
 

6.物理的に残る

通販における紙媒体のメリット6つ目は、物理的に残ることです。
紙媒体のチラシやカタログは捨てないかぎり手元に物理的に残ります。
一方でweb媒体の場合は履歴の奥底に眠ってしまいます。
物理的に残れば、それだけ視界に入る回数も増えるので、長い時間アプローチできることが強みです。
 

通販における紙媒体のデメリット3つ

通販における紙媒体のデメリットを下記のとおり3つご紹介します。
  1. 記載できる情報量に限界がある
  2. 修正が難しい・コストがかかる
  3. 物理的に届ける必要がある

1.記載できる情報量に限界がある

通販における紙媒体のデメリット1つ目は、記載できる情報量に限界があることです。
紙の大きさが決まっているため、記載できる量が限定されます。
どの情報を記載するか、慎重な取捨選択が欠かせません。
 

2.修正が難しい・コストがかかる

通販における紙媒体のデメリット2つ目は、修正が難しい・コストがかかることです。
通販のチラシやカタログなどの内容を修正する場合、新しく作り直してから再度届けなければいけません。
web媒体に比べるとかかるコストが大きいので、慎重に原稿を仕上げる必要があります。
頻繁に内容を変えて何度も展開する広告には、紙媒体はあまり向いていないかもしれません。
 

3.物理的に届ける必要がある

通販における紙媒体のデメリット3つ目は、物理的に届ける必要があることです。
web媒体ならパソコンやスマホ操作だけで世界中の人に情報を届けられますが、紙媒体の場合は物理的に送り届けなければいけません。
通販のカタログを送付する場合には、ターゲットを絞り込んで費用対効果を高める必要があるでしょう。
チラシを設置するにしても、直接その場まで出向いたり、定期的に補充したりしなければいけません。
 

通販で紙媒体を活かすコツ

通販で紙媒体を活かすコツを2つ下記のとおりお伝えします。
  1. 同梱物で使う
  2. 新聞折込チラシ

1.同梱物で使う

通販で紙媒体を活かすコツ1つ目は、同梱物で使うことです。
商品発送時の同梱物として紙媒体のパンフレットやチラシを活用すると、
かなり高い確率で顧客が注目してくれますので、効果的なアプローチが可能です。
 

2.新聞折込チラシで使う

通販で紙媒体を活かすコツ2つ目は、新聞折込チラシで使うことです。
新聞を読んでいる層は、少なからず紙媒体に愛着を感じている可能性が高いので、紙媒体の折込チラシ広告にも親和性があります。
不特定多数の見込み客に情報を届けるのに適した方法です。

 

紙媒体の今後

web媒体が普及している昨今ですが、紙媒体が完全に無くなることはないでしょう。
今でもデジタル化は進んでいますが、紙媒体は一定の支持を得ています。
むしろ、デジタル化が進むからこそ、紙媒体ならではのメリットが際立ちます。
 

紙媒体の注意点

紙媒体の注意点は、費用対効果を慎重に考える必要があることです。
一度作ると修正が難しく、物理的に届ける必要があるため、いろいろな工程でコストが発生します。
コスト以上のリターンを出すために、費用対効果の熟考は欠かせません。
 

まとめ:通販で紙媒体のメリットを活かそう

今回は、通販における紙媒体のメリットについて解説しました。
web媒体が発展し電子化が進む昨今ですが、紙媒体には他の媒体にはないメリットがいくつもあります。
紙媒体の長所を上手く活かせれば、高い費用対効果が見込めます。
これをきっかけに紙媒体のカタログやチラシの活用を検討してみてはいかがでしょうか。
 
  • SOLUTIONS
  • ACQUISITION
  • OWNED MEDIA
  • RETENTION
  • SUGGESTION
  • OUTLINE
  • RECRUIT
  • CONTACT