通販チラシの効果を高める方法7選!効果が悪い原因は?

通販チラシを制作してみたものの、思うように効果が得られずに悩んでいる方は
多いのではないでしょうか。
たしかに、通販チラシの効果を高めるのは簡単ではありません。
ただ、通販チラシの効果を高めるための方法を駆使すれば、現状を打破できるかもしれません。
この記事では、
  • 通販チラシの効果が得られない理由
  • 目的にマッチしたチラシの活用
  • 通販チラシの効果を高める方法
について解説します。
ぜひ参考にしてください。

 

通販チラシの効果が得られない理由

通販チラシの効果が得られないのには何らかの理由があります。
PDCAを回して、課題を特定し、改善を繰り返す必要があります。
ただ、あらかじめどんな課題が考えられるのかを把握できていないと、
課題を仮説立てることも難しいでしょう。
そこで、通販チラシの効果が得られない理由を3つご紹介します。
  1. ターゲット選定が適切でない
  2. ターゲットが求める情報を提示できていない
  3. 具体的な行動を喚起できていない

 

1.ターゲット選定が適切でない

通販チラシの効果が得られない理由の1つ目は、ターゲット選定が適切でないことです。
通販チラシを制作する際、どれだけ入念に考え抜いたとしても
ターゲットがズレている可能性があります。

商品の購入者について考え直してみましょう。
また、購入者と利用者が異なる場合もあります。
たとえば健康食品なら、「利用者が両親」、「購入者が子供」のパターンが考えられます。
調査を繰り返して、適切なターゲットを模索しましょう。

 

2.ターゲットが求める情報を提示できていない

通販チラシの効果が得られない理由の2つ目は、ターゲットが求める情報を提示できていないことです。
ターゲットの属性により、求めている情報は異なります。
たとえば、男性は商品の機能やスペックを重視するのに対して、
女性は商品のイメージや購入の体験に重きを置くといわれています。
他にも、年齢や職業などでターゲットが求める情報は異なるので、
チラシに記載する情報には精査が必要です。

 

3.具体的な行動を喚起できていない

通販チラシの効果が得られない理由の3つ目は、具体的な行動を喚起できていないことです。
具体的な行動を促せなければ、チラシの読み手は情報を入手するだけで満足してしまいます。
「情報の提供」⇒「行動の喚起」のステップが完結するチラシを制作しましょう。

 

目的にマッチしたチラシを活用する

チラシにはさまざまな種類があります。
目的にマッチした種類のチラシを選びましょう。
主なチラシの種類は下記の3つです。
  1. 新聞折込チラシ
  2. 同封同梱広告
  3. ポスティングチラシ

 

1.新聞折込チラシ

新聞折込チラシのメリットは、熟年層にアプローチできることです。
エリアを絞り込んでチラシを届けたい場合にも重宝されています。

 

2.同封同梱広告

同封同梱広告のメリットは、ユーザーに見られる可能性が高い点です。
ただ、広告費が高い傾向があるので、入念なリサーチが要求されます。

 

3.ポスティングチラシ

ポスティングチラシのメリットは、あらゆる人にチラシを届けられることです。
ただ、広範囲のエリアへのアプローチには不向きです。
 

通販チラシの効果を高める方法8選

通販チラシの効果を高める方法を8つお伝えします。
ここでは特に効果的な方法として、下記の8点を解説します。
  1. ターゲットを絞り込む
  2. ターゲットにベネフィットを伝える
  3. 反応を引き出すオファーを設定する
  4. パッと見て理解できるデザインにする
  5. 商品やサービスを強調する
  6. 導線を最適化する
  7. 表面と裏面を有効に活用する
  8. 効果測定を行う

1.ターゲットを絞り込む

通販チラシの効果を高める方法の1つ目は、ターゲットを絞り込むことです。
老若男女、各世代のすべて人にとって魅力的なチラシを作ることはできません。
ターゲットを絞り込んでこそ、読み手に刺さるチラシに仕上がります。
訴求したい商品やサービスに応じて、的確なターゲットを選定しましょう。
また、チラシ制作の初期段階でターゲットを絞り込むことが重要です。
 

2.ターゲットにベネフィットを伝える

通販チラシの効果を高める方法の2つ目は、ターゲットにベネフィットを伝えることです。
チラシの読み手に刺さる情報は、商品のスペックや成分ではありません。
商品を使った結果、どういった喜びを感じられるかを表すベネフィットこそ、
読み手の購買意欲を刺激します。

たとえば健康食品なら、体の痛みや悩みが改善されることがベネフィットです。
ターゲットを絞り込むと、悩みや願望が共通しやすいため、
読み手に響くメッセージをベネフィットとして伝えられます。
 

3.反応を引き出すオファーを設定する

通販チラシの効果を高める方法の3つ目は、反応を引き出すオファーを設定することです。
商品やサービスの購入を検討している人にとって、お得に感じるオファーは強烈な後押しになります。
「期間限定の割引」や「初回購入の優遇」など、「今すぐ購入するとお得だ!」と思わせるオファーが理想です。
 

4.パッと見て理解できるデザインにする

通販チラシの効果を高める方法の4つ目は、パッと見て理解できるデザインにすることです。
チラシが家に届いた際、すべてのチラシを端から端までくまなく読み込む方は人はまず
いないでしょう。
多くの人は、パッと見て自分に関心のあるチラシかどうかを瞬時に判断しています。
そのため、チラシを制作するならまずターゲットの関心を瞬時に刺激するデザイン
に仕上げることが重要です。
デザインやコピーを工夫し、ターゲットに読まれるチラシに仕上げましょう。
 

5.商品やサービスを強調する

通販チラシの効果を高める方法の5つ目は、商品・サービスを強調することです。
効果を高めるためには、訴求したい商品・サービスを前面に打ち出す必要があります。
制作者の視点ではブランド名や会社名をアピールしたくなってしまいますが、あくまでも商品・サービスを強調しましょう。
 

6.導線を最適化する

通販チラシの効果を高める方法の6つ目は、導線を最適化することです。
チラシに興味を持った読み手は、何らかの行動を起こそうと考えます。
そこで導線が複雑だと、行動に手間取ってしまいあきらめてしまう場合があります。
せっかく関心を持ってくれたのにもかかわらず、導線が原因で離脱されることは非
常にもったいないことです。
チラシを制作する際は、できるだけスムーズな導線を整えましょう。
webサイトへのアクセスや電話での問い合わせなど、
具体的な導線を決めて最適に設定することで効果は高まります。
 

7.表面と裏面を有効に活用する

通販チラシの効果を高める方法の7つ目は、表面と裏面を有効に活用することです。
多くのチラシは表面と裏面に情報を記載できます。
ただ、あくまでも表面だけで情報を完結させることが重要です。
裏面はチラシに関心を持った一部層に特化してアプローチできる内容を記載しましょう。
表面には読み手にまず一番伝えたい情報を載せて、裏面には補足としての詳細情報を載せるように考えると、高い反応率が期待できます。

まとめ:通販チラシの効果を高めて売上UP

今回は通販チラシの効果を高める方法について解説しました。
通販チラシを上手く活用できれば大幅な売上アップにつなげられます。
ただ、闇雲に通販チラシを制作するだけでは、期待どおりの効果は得られないでしょう。
要点を抑え、PDCAを回してこそ、理想の通販チラシが完成します。
これを機に、今一度通販チラシの効果を見直してみてはいかがでしょうか。

 
  • SOLUTIONS
  • ACQUISITION
  • OWNED MEDIA
  • RETENTION
  • SUGGESTION
  • OUTLINE
  • RECRUIT
  • CONTACT