通販チラシのレイアウトのコツとは?作る注意点も解説!

通販チラシにおいてレイアウトの最適化は重要です。
同じような情報を載せるのにしても、レイアウトが違えば効果も異なります。
上手にレイアウトを組み立て、魅力的な通販チラシに仕上げましょう。
この記事では、
  • 通販チラシにおける基本的なレイアウトの考え方
  • 通販チラシのレイアウトを考える流れ
  • 通販チラシにおけるレイアウトのコツ
  • 通販チラシでレイアウトを考える際の注意点
について解説します。

通販チラシにおけるレイアウトの重要性

通販チラシにおいてレイアウトが重要な理由は、読み手が感じるわかりやすさや、伝わりやすさにレイアウトが大きく影響しているからです。

通販チラシを読み手が読む際、上から順番に視線を動かしていくわけではありません。
パッと見て関心がある内容かどうかを判断し、その後に細かい情報を読みはじめます。
パッと見られた際に読み手の心を掴むためには、レイアウトの善し悪しが大きく影響します。

通販チラシにおける基本的なレイアウトの考え方

通販チラシにおける基本的なレイアウトの考え方について解説します。
具体的なレイアウトを考える前に、まずはレイアウトの基本を理解しましょう。

視線の動きを意識する

たとえば横書きの通販チラシの場合、視線は左上から右方向に動き、左下に下がってからまた右方向へ動きます。
縦書きの通販チラシの場合なら、視線は右上から下へと動き、左上に上がりまた下へと動いていきます。
通販チラシのレイアウトを考える際は、まず視線の動きを意識しましょう。

ターゲットに狙いを定める

通販における最適なレイアウトは、ターゲット層により異なります。
ターゲットの性別が異なれば、訴求する情報も変えるべきです。
また、ターゲットが若年層なら横書きのレイアウトが効果的であるのに対して、高齢者には縦書きのレイアウトがより効果的だといわれています。
若い世代はパソコンやスマホ、ノートなどで横書きに慣れていて、高齢者なら縦書きの本や新聞に馴染みがあるからです。

表面と裏面を使い分ける

チラシには表面と裏面があります。
当然、真っ先に読み手に見てもらいたい内容は表面に記載します。
チラシに興味を持ってくれた人に届けたいより詳しい情報は裏面に記載しましょう。
表面はまず興味関心を引き出すため、裏面は情報を追加するためと考えると的確にレイアウトを整えられます。
ただ、表面に購入に必要な情報をすべて載せるようにしましょう。
裏面も見てもらうことは理想ですが、表面だけを読んでもすぐに購入できる程度の情報を記載することがポイントです。

 

書体を整える

通販チラシにはたくさんの文字を記載しますが、闇雲にたくさん使うととても見にくいレイアウトになってしまいます。
  • 書体
  • サイズ

すべて意識して整えましょう。

基本的には書体は2種類程度がベターだと考えられています。
強調したい見出しと、本文で2種類の書体を使い分けるといいでしょう。
また、商品やブランドのイメージにマッチした書体を使用しましょう。

サイズは2種類から、多くとも5種類程度までに抑えると見やすいレイアウトに仕上がります。
色も使いすぎは厳禁。少ない色数でシンプルにまとめるのが基本です。
 

配置を整える

記載したい情報が決まったなら、チラシのレイアウト全体を考えて配置を整えましょう。
関連性の強い情報を近い位置に配置すると、より見やすいレイアウトに仕上がります。
枠でくくったり、色でまとめたりすると、読み手は感覚的に情報を認識できます。
 

情報をまとめる

通販チラシのレイアウトが完成したら、仕上げの作業として全体を改めて客観視してまとめましょう。
認知から購入のアクションまでのステップをスムーズに促せる流れになっているかどうかを確認してください。

通販チラシにおけるレイアウトのポイント

通販チラシにおけるレイアウトのポイントを解説します。
レイアウトにおいて、特に効果的なコツは下記の3点です。
  • 少ない色数でシンプルにまとめる
  • 情報を詰め込まず余白を意識する
  • メリハリを意識する

少ない色数でシンプルにまとめる

通販チラシにおけるレイアウトのコツ1つ目は、色数をしぼりシンプルにまとめることです。
商品やチラシにマッチした色の選択や、色によるグループ分けを意識しましょう。
色のグループ分けをするコツは、枠や見出しの色を同じにすることです。
画像、見出し、本文に共通の色を活用すれば、読み手はすぐに情報を認識できます。
 

情報を詰め込まず余白を意識する

通販チラシにおけるレイアウトのコツ2つ目は、情報を詰め込まず余白を意識することです。
通販チラシを作成していると、できるだけ多くの情報を載せようと考えてしまい、結果として文字や画像が詰まったレイアウトになってしまいます。
しかし、適度に余白を作らなければ、読み手からすると見づらく感じ、読む気がなくなってしまうでしょう。
情報はできるだけ絞り、端的な訴求内容でたっぷりと余白を設けると見やすいレイアウトに仕上がります。

メリハリを意識する

通販チラシにおけるレイアウトのコツ3つ目は、メリハリを意識することです。
通販チラシにはたくさんの情報を載せることになりますが、記載する情報に優先順位をつけて、伝えたい順にメリハリをつけることが重要です。
特に読み手に認識してもらいたい情報は強調する必要があります。
文字ならサイズや色、書体を工夫して強調しましょう。
画像も同様に、サイズや色により強調できます。
逆に、優先順位の低い情報は小さめに記載することでレイアウトにメリハリがつき、
最も伝えたい情報がまず第一に伝わりやすくなります。

通販チラシでレイアウトを考える際の注意点

通販チラシでレイアウトを考える際の注意点は、しっかり効果測定をすることです。
どれだけ考え抜いたレイアウトだとしても、必ず理想的な効果を得られるわけではありません。
どれくらいの効果が出たのかを検証し、結果が出ていなければクリエイティブを再考しましょう。

まとめ:通販チラシのレイアウトを工夫して売上UP

今回は通販チラシのレイアウトについて、考え方や流れ、コツについて解説しました。
レイアウトとは情報の配置です。

どの情報をチラシに載せるかが重要なように、どのように配置するかのレイアウトもとても重要です。
ターゲットに刺さるレイアウトを作成できれば、通販チラシによるレスポンスや売上のアップを図れます。
 
  • SOLUTIONS
  • ACQUISITION
  • OWNED MEDIA
  • RETENTION
  • SUGGESTION
  • OUTLINE
  • RECRUIT
  • CONTACT