通販チラシにQRコードは必要?記載するメリット3つ!

通販のチラシにQRコードと誘導する文言を記載すると、オフライン広告からレスポンスを増やせます。
オンライン広告に注目が集まっている昨今だからこそ、オフライン広告の価値も見直されています。
そこでオフライン広告からwebに誘導するために重宝されている手段が、チラシにQRコードを記載することです。
この記事では、
  • 通販のチラシのQRに誘導する文言とは
  • 通販のチラシでQRコードに誘導する文言を記載するメリット
  • 通販のチラシにQRコードと誘導する文言を記載する方法
  • 通販のチラシにQRコードと誘導する文言を記載する際の注意点
について解説します。

通販のチラシのQRに誘導する文言とは

通販のチラシにQRコードを載せる場合、誘導する文言も合わせて設置します。
インターネットが発展しつづけている現代では、オンライン広告に注目が集まる一方で、オフライン広告は減少傾向にあります。
しかし、スマートフォンでQRコードを読み取れるようになったことで、QRコードを含むチラシなどのオフライン広告の価値が高まっています。
また、いかにQRコードを読み取ってもらえるかの鍵を担う文言の存在も重要視されています。

通販のチラシでQRコードに誘導する文言を記載するメリット3つ

通販のチラシでQRコードに誘導する文言を記載するメリットを3つ解説します。
ここでお伝えするメリットは、下記の3点です。
  1. レスポンスが上がる
  2. スマホユーザーにアプローチできる
  3. オフラインからアプローチできる

1.レスポンスが上がる

通販のチラシでQRコードに誘導する文言を記載するメリットの1つ目は、レスポンスが上がることです。
QRコードを通販チラシに載せれば、受け手は簡単にサイトにアクセスできます。
また、QRコードをどのように設置するかも重要なポイントです。
QRコードの大きさや配置、誘導する文言などを最適化すれば、さらにレスポンスが上がります。

2.スマホユーザーにアプローチできる

通販のチラシでQRコードに誘導する文言を記載するメリットの2つ目は、スマホユーザーにアプローチできることです。
スマホならチラシのQRコードを読み取るだけで、webサイトにアクセスできます。
QRコード以外でwebサイトにアクセスするには、URLを入力したり、キーワード検索して特定のサイトを探したりする必要があります。
しかし、QRコードならばカメラで読み取るだけでアクセスできるので、ユーザーに負担をかけません。

3.オフラインからアプローチできる

通販のチラシでQRコードに誘導する文言を記載するメリットの3つ目は、オフラインからアプローチできることです。
QRコードは、オフラインからオンラインへ誘導させるとても有効な手段です。
チラシなどのオフライン広告ならば、オンライン広告とは別の経路で顧客にアプローチできます。
オフラインならではの強みを発揮しつつ、オンラインへ集客できる手段がQRコードです。

通販のチラシにQRコードと誘導する文言を記載する方法

通販のチラシにQRコードと誘導する文言を記載する方法を5ステップで解説いたします。
  1. URLを用意する
  2. URLをQRコードに変換する
  3. QRコードに誘導する文言を作る
  4. チラシにQRコードと誘導する文言を配置する
  5. 効果を検証する

1.URLを用意する

通販のチラシにQRコードと誘導する文言を記載する方法は、「URLを用意すること」からはじまります。
用意するURLは、QRコードを読み取った時にアクセスされるサイトにつながるものです。
また、より効果的にQRコードを活用したいならば、媒体ごとに専用のURLを用意することが重要です。
これにより、どのチラシからアクセスがどのくらい集まったかを検証できます。
「ステップ5の効果検証」の精度を高めるために、媒体ごとにURLを用意しましょう。

2.URLをQRコードに変換する

URLを準備できたらQRコードに変換します。
変換と聞くと難しそうに感じますが、無料のツールでも数分もかかりません。
URLさえ準備できれば、誰でもすぐにQRコードを作成できます。

3.QRコードに誘導する文言を作る

つづいてのステップは、QRコードに誘導する文言の作成です。
QRコードをチラシに記載するだけでは、読み手はQRコードがどのサイトにつながっているかわかりません。
そのため、QRコードの説明は必須です。
また、QRコードにアクセスしたくなるような文言の記載も必要です。
「ここからアクセス」や「お申し込みはこちら」などの文言をQRコードのそばに加えましょう。

4.チラシにQRコードと誘導する文言を配置する

つづいて、QRコードと誘導する文言を含めた情報をチラシに配置します。
もちろん、ただ情報を羅列するだけでなく、読み手の関心を引き出すようなデザインが肝心です。
デザインやQRコードの配置次第で、得られるレスポンスは大きく異なります。
チラシを自作する場合は、十分に創意工夫を凝らしましょう。

5.効果を検証する

チラシは一度作って終わりではありません。
効果を検証し改善を繰り返すことでレスポンスが高まります。
はじめのステップで媒体毎にURLを設定している場合なら、それぞれのチラシやQRコードの効果を検証できます。
そのため、課題を限定しやすく、改善点を模索できます。

通販のチラシにQRコードと誘導する文言を記載する際の注意点

通販のチラシにQRコードと誘導する文言を記載する際の注意点は、下記の4点です。
  1. QRコードが小さい
  2. QRコードの周囲にスペースを作る
  3. 複数のQRコードが密集している
  4. チラシの材質が読み込みに適していない
せっかくQRコードにカメラを向けたのにもかかわらず、スムーズに読み込めないことが原因で諦められてしまっては機会ロスです。

1.QRコードが小さい

QRコードが小さすぎると、カメラでの読み取りに手こずってしまいます。
テストとして、自分で一度スムーズに読み込めるかどうかを試してみましょう。

2.QRコードの周囲にスペースを作る

QRコードの周囲にスペースがなければ、読み込みにくい場合があります。
少なくとも、QRコードの周囲2mmは、何も記載せずに余白のスペースにしましょう。

3.複数のQRコードが密集している

複数のQRコードが密集していると、読み取りたいQRコードとは別のQRコードを認識してしまう可能性があります。
複数のQRコードをチラシに設置する場合、最低でもQRコード1つ分は間隔を空けましょう。

4.チラシの材質が読み込みに適していない

QRコードの読み取りに適している材質でチラシを作りましょう。
光沢が強すぎる材質では、カメラを向けると光が邪魔をしてQRコードを認識できなくなってしまいます。

まとめ:通販のチラシにQRコードと誘導する文言を記載して売上UP

今回は、通販チラシに記載するQRコードと誘導する文言について解説しました。
QRコードはオフラインからオンラインへの集客ができる数少ない有効な手段のひとつです。
上手に活用できれば、チラシ経由でたくさんのレスポンスを獲得できます。
QRコード自体は、誰でも簡単に作成できるので、これを機にQRコードの活用を検討してみてはいかがでしょうか。
  • SOLUTIONS
  • ACQUISITION
  • OWNED MEDIA
  • RETENTION
  • SUGGESTION
  • OUTLINE
  • RECRUIT
  • CONTACT