お客様の声は通販チラシに載せるべき?効果を解説!

お客様の声を通販チラシに載せる目的とは何でしょうか。
通販のチラシを作成する際、情報の取捨選択に頭を抱えることは多いと思います。
情報を選択する際、顧客の心に響きやすい「お客様の声」は軽視できない情報です。

この記事では、
  • お客様の声を通販チラシに載せる目的
  • お客様の声を通販チラシに記載するメリット
  • お客様の声を通販チラシに記載するデメリット
  • お客様の声を通販チラシに記載する方法
について解説します。
ぜひ参考にしてください。
 

お客様の声を通販チラシに載せる目的とは?

お客様の声を通販チラシに載せる目的は、顧客のレスポンスを引き出し、売上を伸ばすことです。
Amazonや楽天市場でレビューを参考にする人が多いように、顧客は第三者の意見を気にしています。
そこで、他の購入者からの評判を参考にし、商品を購入した未来を想像することで、自分も商品を購入しようと検討します

お客様の声を通販チラシに記載するメリット3つ

お客様の声を通販チラシに記載するメリットを3つ解説します。
  1. 顧客が求める情報を届けられる
  2. ターゲットにアプローチできる
  3. レスポンスが増える
それぞれ解説いたします。

1.顧客が求める情報を届けられる

お客様の声を通販チラシに記載するメリットの1つ目は、顧客が求める情報を届けられることです。
商品を購入する際、多くの顧客は商品のメリットだけでなくベネフィットについても知りたいと考えます。
ベネフィットとは、「商品を購入することで得られるいい効果や体験」を意味します。
そこで参考になるのが、お客様の声です。
お客様の声を見ることで、自分が商品を購入したらどのような恩恵があるのかをイメージします。

2.ターゲットにアプローチできる

お客様の声を通販チラシに記載するメリットの1つ目は、ターゲットにアプローチできることです。
お客様の声のなかにも、当然さまざまな意見があります。
顧客が求める情報は、なるべく自分と近い立場にある人の声です。
たとえば、ターゲットが20代男性ならば、20代男性の声を求めています。
そこでお客様の声を記載すれば、購入に移るための後押しにつながります。

3.レスポンスが増える

お客様の声を通販チラシに記載するメリットの3つ目は、レスポンスが増えることです。
通販チラシのデザインはそのままでも、お客様の声を追加するだけでレスポンスが増加することはめずらしくありません。
上手に活用できれば、レスポンスが1.5倍、2倍になる可能性もあります。

お客様の声を通販チラシに記載するデメリット3つ

お客様の声を通販チラシに記載するデメリットを3つご紹介します。
  1. 情報収集にコストがかかる
  2. ターゲットと乖離した内容では効果が薄い
  3. スペースを使う

1.情報収集にコストがかかる

お客様の声を通販チラシに記載するデメリットの1つ目は、情報収集にコストがかかることです。
お客様の声の発信は、まず情報収集からはじまります。
お客様の声を集めるにはさまざまな方法があり、たとえば商品にアンケートを同梱する方法があります。
しかし、当然すべての客がアンケートに回答してくれるわけではありません。
アンケートの回答者に対して、クーポン券を発行するなどすることで回答率は高まります。
このように、お客様の声を集めるためには、もちろん手間もコストもかかります。

2.ターゲットと乖離した内容では効果が薄い

お客様の声を通販チラシに記載するデメリットの2つ目は、ターゲットと乖離した内容では効果が薄いことです。
売上アップのためにお客様の声を記載する場合、闇雲に載せるだけでは満足のいく効果は得られません。
ターゲットに響く声を記載してこそ、売上やレスポンスのアップを狙えます。

3.スペースを使う

お客様の声を通販チラシに記載するデメリットの3つ目は、スペースを使うことです。
通販チラシに記載できる情報量は限られています。
限られたスペースのなかに、どの情報を載せて、どの情報を載せないかを判断しなければいけません。
もし既存の通販チラシに新たにお客様の声を載せる場合、何かしらの情報を削除する必要があります。
お客様の声を記載するために、どの情報をあきらめるのかを慎重に検討しましょう。

お客様の声を通販チラシに記載する方法

お客様の声を通販チラシに記載する場合、具体的にどういった方法で進めるかを解説します。
主なステップは下記のとおりです。
  1. ターゲットを設定する
  2. 情報を収集する
  3. チラシにお客様の声を記載する
  4. 効果を検証する

1.ターゲットを設定する

お客様の声を通販チラシに記載するための第1ステップは、商品ターゲットの選定です。
お客様の声を載せるとしても、手当たり次第に載せるわけにはいきません。
ターゲットに刺さる声を厳選する必要があります。
そのためには、まず商品のターゲット層を明確に設定する必要があります。

2.情報を収集する

お客様の声を通販チラシに記載するための第2ステップは、情報収集です。
チラシの受け手が知りたくなるようなお客様の声を集めましょう。
また、お客様の声を集める場合、年齢、性別、顔写真などの情報も合わせて収集できるといっそう有効な情報を集められます。
顧客が求めているお客様の声は、なるべく自分の立場に近い人の意見です。
お客様の声の価値は、その意見の発信者がどんな人物か具体的にイメージできるほど価値が高まります。
詳細な情報を収集するのは簡単ではありませんが、コストを費やしてでも集める意義があります。

3.チラシにお客様の声を記載する

お客様の声を通販チラシに記載する第3ステップで、実際にチラシに記載します。
通販チラシのどの位置に、どのようなデザインで、どれくらいの大きさで記載するかを考えましょう。
チラシのデザインに関わるステップなので、スキルや知識が必要です。
自作も可能ですが、効果を重視するならチラシ制作の外注も検討しましょう。

4.効果を検証する

お客様の声を通販チラシに記載するための第4ステップは、効果の検証です。
通販チラシは、何度も検証と改善を繰り返すことで効果が高まります。
通販チラシを配布した後は、効果が出たのかを検証しましょう。
レスポンスがどれくらい変化したのかを分析します。
もし希望どおりの効果が得られなかったのなら、記載するお客様の声を変える必要があるかもしれません。
ターゲット選定から振り返り、チラシを制作し直しましょう。

まとめ:お客様の声をチラシに載せて売上UP

今回は、お客様の声を通販チラシに記載する場合の、目的やメリット・デメリットなどを解説しました。
お客様の声は、チラシの受け手に対して、商品を購入した場合にどういった効果や体験を得られるのかをイメージさせるための情報です。
実際に商品を使った人の意見を知ることで、「自分もこうなりたい」、「自分も同じような体験をしたい」といった想像を掻き立てられるので、商品購入の後押しになります。

これを機に、お客様の声の活用を検討してみてはいかがでしょうか。
  • SOLUTIONS
  • ACQUISITION
  • OWNED MEDIA
  • RETENTION
  • SUGGESTION
  • OUTLINE
  • RECRUIT
  • CONTACT