健康食品でチラシを活用するコツとは?制作上の注意点を解説!

「健康食品を宣伝するチラシを作成したいが、どう活用したらいいかわからない」
「そもそも、健康食品の宣伝にチラシが有効なのかわからない」
そういった悩みをお持ちの方は多いと思います。
結論、コツをおさえてチラシを活用すれば、健康食品の大幅な売上アップを見込めます
この記事では、
  • 健康食品のチラシ活用で売上を伸ばすコツ
  • 健康食品でチラシを活用する際の注意点
  • 健康食品でチラシを活用するメリット
  • 健康食品でチラシを活用するデメリット
について解説します。

健康食品のチラシ活用で売上を伸ばす5つのコツ

健康食品でチラシを活用する場合、いかにコツをおさえたチラシを作成できるかどうかで売上の伸長率は大きく変化します
ここでは、確実におさえておきたいチラシ活用のコツ5つをご紹介します。
  • ターゲットを絞り込む
  • ターゲットのマッチした企画・デザイン
  • メリットとベネフィットを使い分ける
  • キャッチコピーを考える
  • 改善を繰り返す

1.ターゲットを絞り込む

健康食品でチラシを活用する場合、まずターゲットを明確に絞り込む必要があります。
見当違いなターゲットに訴求するチラシを作成しても売上アップは見込めません。
ターゲットの絞り込みこそ、チラシ活用の鍵を握っていると理解しましょう。
ターゲットを選定する際は、まず下記のポイントを明確に設定する必要があります。
  • 年齢
  • 性別
  • 家族構成
  • 職業
ここまでターゲットを絞り込めば、「ターゲットが抱えている悩み」を追究できます。
ターゲットが抱えている悩みに対して、訴求したい健康食品がどういった恩恵を提供できるのかを考えましょう。

2.ターゲットのマッチした企画・デザイン

ターゲットを選定したなら、どのようなデザインでチラシを作成するかを検討します。
チラシ作成における「いい企画・デザイン」はターゲットにより異なります。
その代表例が性別による違いです。
男性と女性で心理傾向が異なるので、消費に関する考え方も異なります。
一般的に、男性と女性に刺さりやすいとされているメッセージは下記のとおりです。

男性に刺さるメッセージ
  • 商品のスペック
  • 商品が優れている論理的な理由

女性に刺さるメッセージ
  • 商品のイメージ
  • 抱えている悩みに対する共感

性別だけを考えても、刺さりやすいメッセージは顕著に異なります。
デザインを設計する場合は、こういったメッセージを強調することが重要です。
何を強調し、どのようなデザインのチラシを作成すべきか慎重に検討しましょう。

3.メリットとベネフィットを使い分ける

健康食品の宣伝にチラシを活用する場合、メリットとベネフィットを使い分けて伝えることが重要です。
まず、メリットとベネフィットの違いを理解しておきましょう。
  • メリット:商品の特徴や優れている点
  • ベネフィット:商品の利用により購入者が得る恩恵
このように、一見似た言葉であるメリットとベネフィットですが意味は異なります。
ターゲットが健康食品を購入する理由はベネフィットを受けるためであり、購入を検討するための材料がメリットです。
健康食品の魅力を余すところなくアピールするためには、的確にメリットとベネフィットを使い分ける必要があります。

4.キャッチコピーを考える

健康食品のチラシ広告による売上アップを図るには、有効なキャッチコピーを考える必要があります。
キャッチコピーとは、商品の広告において顧客を惹きつけるためのメッセージです。
キャッチコピー次第で、売上が大幅に変動する可能性があります。
また、健康食品のチラシ広告にキャッチコピーを記載する場合、ターゲットにマッチした文言を考える必要があります。
ターゲットに刺さるベネフィットを明確に設定できなければ、有効なキャッチコピーを作れません。

5.改善を繰り返す

健康食品のチラシ広告を作成したら、実際に運用してみて改善を繰り返す必要があります。
  • ターゲット選定は的確であるのか
  • デザインは有効なのか
  • キャッチコピーが顧客に刺さっているのか
など、改善の余地ははたくさんあります。
また、最初に作ったチラシ広告で100点の売上アップを望むのは簡単ではありません。
テストを繰り返しPDCAを回し続けることで、大きな反応を取れるチラシを作成しましょう。

健康食品でチラシを活用する際の注意点2つ

健康食品でチラシを活用する際の注意点を2つお伝えします。
  • 薬機法(薬事法)に注意する
  • 使用者=購入者ではない
これらの注意点を意識できていないと、法律に反してしまったり、売上アップを見込めなかったりします。
後から修正するとなると莫大なコストが発生してしまうので、事前に確認しておきましょう。

1.薬機法(薬事法)に注意する

健康食品のチラシ広告を作成する場合、薬機法(薬事法)こと「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」に注意しなければいけません。
というのも、健康食品のチラシ広告で表現できる内容は、薬機法により制限されているからです。
具体的にどのような表現はOKで、どのような表現がNGであるかは、専門家に判断してもらう必要があります。
もし薬機法の広告規則に反してしまうと、罰金や懲役を科されるので十分に注意しましょう。

また、健康食品のチラシ広告で主に注意すべき薬機法(薬事法)に関する制限は下記のとおりです。
  • 病気の治療や予防を謳う表現
  • 医薬品の効能と類似した表現
  • 身体に作用する表現
  • 特定成分の摂取効果を謳う表現

2.使用者=購入者ではない

健康食品のチラシ広告を活用する場合、必ずしも「使用者=購入者」とは限りません
  • 子供が購入し、親が使用する
  • 妻が購入し、夫が使用する
など、家族内で購入者と使用者が異なるケースは少なくありません。
購入者と使用者が異なるとなると、ターゲット選定にも考慮する必要があります。
そうなれば、訴求すべきベネフィットも異なります。
「誰が誰にどういったベネフィットを与えたいのか」を検討しましょう。

健康食品でチラシを活用するメリット

健康食品でチラシを活用するメリットを3つお伝えします。

1.短期間の集客が可能

チラシ広告は、まとまった人数に一気に商品を宣伝できます。
具体的には、チラシを見てから数日以内に購入を検討する人が多いので、短期的な集客が可能です。
短期的な集客を見込めるチラシ広告は、狙ったタイミングでの売上アップに適しています。

2.高い信頼性をアピール

新聞折込チラシを活用する場合、新聞広告掲載基準に基づいた審査を経て配布されるため、高い信頼性を要求されます。
反対に、新聞折込チラシで宣伝できれば、信頼性の高さをアピールできます。
インターネットでの情報の信憑性が疑われている昨今だからこそ、新聞折込チラシの信頼性の高さは大きなメリットといえます。

3.手元に残る

チラシで宣伝した場合、手元にチラシが残ります。
そのため、長期的な宣伝効果に期待できます。
この点においても、インターネット広告よりもチラシ広告の方が優れているでしょう。
また、お得な情報などをチラシに盛り込んでおけば、長期間保存してもらえる可能性が高まります。

健康食品でチラシを活用するデメリット

健康食品でチラシを活用するデメリットを3つお伝えします。
  • ターゲットを絞りにくい
  • 情報を厳選する必要がある
  • インパクトのあるデザインが必要

1.ターゲットを絞りにくい

チラシ広告でのターゲットの絞り込みには限界があります。
地域や新聞などでの絞り込みは可能ですが、年齢や趣味嗜好、行動パターンでの絞り込みには不向きです。
インターネットでの広告ならば、ターゲットの行動に基づいて表示させられますが、チラシ広告ではできません。

2.情報を厳選する必要がある

チラシ広告は紙に情報を記載するため、伝えられる情報量に制限があります。
そのため、記載する情報を厳選しなければいけません。
情報の取捨選択を慎重に行いましょう。

3.インパクトのあるデザインが必要

折込チラシを活用する場合は、他のチラシに埋もれないように
インパクトのあるデザインが重要です。
まずは必ずターゲットの目にとまるような目立つ表現を工夫しましょう。

まとめ:健康食品はチラシを活用して売上アップ!

今回は健康食品のチラシ広告について、コツや注意点、メリット、デメリットをご紹介しました。
コツをおさえてチラシ広告を活用すれば、大きな売上アップを見込めます。
メリットやデメリットを理解し、ぜひチラシの活用を検討してみてください。
  • SOLUTIONS
  • ACQUISITION
  • OWNED MEDIA
  • RETENTION
  • SUGGESTION
  • OUTLINE
  • RECRUIT
  • CONTACT